サプリメント②【タイミング】

トレーニング後(運動後)30分以内が、

ゴールデンタイム

と呼ばれ、プロテインを摂取する    タイミングの一つです。

一重にプロテインとは言っても

目的別

で成分内容が変わっている為、摂取タイミングは目的とその成分によりけりです。

そもそもプロテインは「タンパク質」の事であり、広く流通しているのが

●ホエイプロテイン
※乳製品をイメージして下さい

●ソイプロテイン
※大豆をイメージして下さい

です。



乳製品イメージでは、ホエイの他にカゼインがあります。

ホエイとカゼインの違いは吸収スピードです。

◆ホエイは速い
◆カゼインは遅い(ゆっくり)

よってトレーニング後はホエイを摂取することになります。
そうする事でトレーニングによってダメージを受けた筋肉の再生(合成)に必要な栄養素を素早く補給
します。

早く身体を回復させるのに吸収は速い方がいいですよね。

余談ですがプロテインを食べ損ねたご飯代わりで摂取する方もいます。私もそうです。
しかし、吸収が速いという事はすぐエネルギーに使われますので、腹持ちは悪いです。
すぐお腹減ります。

逆にカゼインとソイは吸収がゆっくりですので、食事代わりにはもってこいですね。

また、トレーニングをしない日や、身体が作られる就寝時間を見据えた就寝前なんてのも、カゼインとソイのタイミングです。

ソイは他に美肌などの効果も見込める、、、とありますが、そもそも大豆が合う人、合わない人います
ので、美肌のために!!というのであれば、乳液や美容液の方が良いような気もします。。。

とはいえ、ソイは中性脂肪を抑える働きも期待出来るので、女性や、細身筋肉質を目指す方には丁度良いものでもあります。

ただし、個人的にはトレーニング後はホエイを摂りたいところです。

なので使い分ける事が望ましいです。

プロテインは用途様々です。
とりあえず、
ホエイ、カゼイン、ソイ
この3つで今日は終わります。



効果測定③【筋肉量】

確かに写真の男性は筋肉量が平均値よりも
高いのは一目瞭然でしょう。

ただし皆んなが皆んなこのような身体になりたいとは
思ってないことも理解しています。

「ある程度の筋肉があればいい」

では「ある程度」とはどの位の事を指すのでしょう。

前回の【体脂肪】についての中で

同じ重さの筋肉と脂肪でも、大きさが違う

と言うことは理解して頂けたかと思います。

効果測定②【体脂肪】

スタイルアップを目指す場合、必ず

こうなりたい

という理想があると思います。

スポーツ選手だったり芸能人だったり

仮に筋肉量を全く変えずに脂肪だけをなくした場合
スタイルはどうなるか

筋肉のラインは出てるものの、細身になって、
人によっては貧相なラインになりかねません。

また、筋肉は負荷をかけることで成長しますから、
負荷が少なくなれば衰えます。

毎日走ってるよ

筋肉を量で見た場合、減少していきます。

筋肉も身体を動かすエネルギーとして消費される
からです。

また、走るだけでは自分の体重しか負荷はありません
ので「日常生活で扱うよりも重い負荷」の要件は
満たせず、筋肉の成長はありません。

【負荷について】

トレーニングの考え方②【負荷】

【筋肉の成長について】

トレーニングの効果の出し方④【筋肉をつける】

よって理想は

筋肉量を増やしつつ、体脂肪を減らす という事に
なります。

あとはパーツ別に考えてどこを大きくして、
どこを引き締めるのかと、細かく考えれば
いいのです。

体脂肪と一緒に筋肉量に目を向けましょう。

もしかしたら体重に変化は全くなかったとしても、
体脂肪、筋肉量に変化があるかもしれません。

もし、体脂肪が少なくなり、筋肉量が増え

結果として体重が変わらなかったとしても
見た目が引き締まって、変わっているはずです。

筋肉量を増やす!

こちらも頑張っていきましょう。