スパルタンレース②

前回の記事

スパルタンレース①

この記事を書いている日から考えるとレースまであと3週間ないくらいでしょうか。

現状の思いとして

●完走する
●それなりのタイム、順位
●どんだけキツイか分かってない

というものがありますので、それなりにトレーニングを始めています。
レースがある週は基本調整になりますので、追い込みをかけるのは今週から来週半ばになるでしょう。

体重は順調に落ち、目標体重であった67キロには苦もなく達します。
71キロから落としにかかったわけですが、

●運動量
●生活習慣
●食事

当たり前のことを、いつもよりすこーし意識を向けるだけで変化します。

運動量は例えばエスカレーターのところを階段使う、など日常生活での行動を見直します。
姿勢を正したり、ふかーく深呼吸するのも良いですね。
内臓脂肪燃焼にも有効です。

生活習慣は私はコンビニに行く回数を減らしました。
食事などの買い出しは有りますが、ついつい買い食いする、事をカットしています。
余計なカロリー摂取を抑えてます。

食事は
食べて直ぐに寝ない
食物繊維、タンパク質多め
お水をよく飲む
というところです。

どれも難しいものではないかと思います。



糖質制限などはしません。
程々に摂取はします。

糖質悪?

糖質は車でいうガソリンみたいなもの、動くための燃料ですからね。
レース当日にしっかりパフォーマンス発揮するために食事の摂り方として、レースのある週に入ったらグリコーゲンローディングという手法を取ります。

糖質摂取量をコントロールして、身体の中にしっかりエネルギーを溜め込める状態を作り、レース日から逆算してドカ食いする日を設け、通常よりエネルギーを搭載するという手法です。

エネルギーを沢山積んでおいた方が、長く動けますし、高いパフォーマンスが発揮できますからね。

外も走ってはいますが、猛暑日が続いています。
暑くて死ぬかと思っております。
今が1番キツイのは分かりきってますが、外暑くて完走できる気がしない。。笑

熱中症には気をつけましょう

夏の水分補給







トレーニングの時間

磁気のチカラで肩コリ解消!【ファイテン公式】



20代始めの頃トレーニングは週5〜6日
1日あたりのトレーニング時間は平均4時間程
最大6時間のトレーニングを行っていました。

そしてトレーニング前後で競技の練習

学校、バイト
をしていました。

バイトの時もトレーニングと思い、10kgのパワージャケットを着て、アンクルウエイトをつけていました。

遊ぶのは夜中でしたので、睡眠時間を削って何かをしていました。
褒められることではありませんが、学校で寝てましたね。。。

前回トレーニングの時間について書きましたが、

トレーニングの考え方⑧【時間】

私の場合、このボリュームでも4年続いていました。

このボリュームは本当に良いトレーニングだったか

と言うのはまた別の話ですが、現在の知識を有していたならば、ここまでのボリュームでプログラムを組むことはしなかったでしょう。

効率

と言うものは当たり前に

時短

も考えなければいけません。

そのような意味でも運動強度は少し上がりますが

サーキットトレーニング

スーパーセットトレーニング

コンパウンドセットトレーニング
(ジャイアントセットトレーニング)

など複数の種目を1セットとして行う方法があります。

自宅で手頃にできるのはサーキットトレーニングになりますがその手法については

to be continued