トレーニングの効果の出し方⑥【パフォーマンス】



身体が負荷をかけることにある程度慣れてきたら、「スポーツパフォーマンスの為のトレーニング」がスタートします。

競技によってトレーニング方法など異なる為、ここでは
「瞬間的に大きな力を発揮する」事を目的とした内容で書いていきます。
具体的には
ヨーイドン!の一瞬で大きな力を発揮してスタートダッシュを決める!

とか

ホームランを打つ!

とか

ビッグサーバー

ビッグドライブ

とか、一瞬に全てをかけるような競技、シチュエーションを要する方、ですね。

考え方はいたってシンプルです。

とても重い負荷を1〜4回やる

瞬間的に大きな力を発揮する力が欲しいわけですから、
それに伴い、高い負荷をかける。
回数はいらない(というか出来ない)

インターバルはしっかり回復させて次に臨みたいので、
2分は休んでOKです。
参考書によっては5分と書くのもあるかと思います。
それだけ長く休んでいいよって事ですね。

セット数は前後の種目やトレーニングにもよりますが、
2〜4セット行います。

この負荷のトレーニングをこなしたからといって、いきなり競技が上手くなるわけではありません。

が、しかし、全然結果が出ない訳でもありません。
パフォーマンスを上げるだけの力は身についていますので、あとは並行して、その競技のパフォーマンスに即した動きのトレーニングを加えていきます。

何はともあれ、基礎、土台づくりはとても大事な要素です。
そして、それを行うかどうかで、障害予防リスクを軽減できるかに繋がります。
「運動神経」の発達はゴールデンエイジ期に左右されますが、

ゴールデンエイジ

それを補うだけの筋力、体力は後からでも遅くはありません。
正しい継続ができるかどうか、です。

私自身、スポーツパフォーマンスでは。その人にとっての正しい努力の正解を判断するのはとても難しいです。
その判断は時間がかかります。

しかしながらトレーニングの正しい努力は、フォームであり、メニューのプロセスだと考えます。

年齢は関係ありません。
どこまでも成長出来るトレーニングを継続して、
ライフスタイルに取り入れてみましょう。






ドラウタビリティ



自分自身が本来持っている身体能力を引き出すメソッドのことです。

ドラウトディスクと呼ばれる、数字が書かれた色付きの円盤と、十字のクロスを使ってプログラムを展開します。

プログラムの様子はこちらの動画

A96303D2-7F40-4BAD-B171-9CE51E480549

D2DAF2CA-1548-497C-BDD9-AE639761D43E

どちらの動画も動きにルールがあり、トレーナーの合図で行動パターンを切り替えていくというものです。

身体を鍛える、つまり筋肉をつける事が目的ではなく、敏捷性など「動きの質」を高める事が目的となります。

一言で言うなら「使える身体」を手に入れるメソッドです。


ディスクや人の動き、配置を認識する広い視野
空間把握能力
目で見た、耳で聞いた情報を瞬間的に処理する判断力、反応力

他にスムーズに次の動作に移行する重心移動能力だったり、とにかく「感覚」や「情報処理能力」など、脳力、神経系へアプローチされています。

遊び感覚で楽しく、グループで出来るのも魅力ですね。
難しいものではないので、数字が分かれば、親子で楽しめます。

他にもテレビモニターを使ったビジョンドラウトなど屋内屋外問わず出来るものがあるのも特徴です。

導入は幅広く
ゴールデンエイジ世代からお年寄りまで
アスリートからリハビリまで

海外でもプロのスポーツチームが導入しています。

日本発のトレーニングメソッドでもありますので、個人的に日本人に馴染みやすいメソッドかなとも思います。

人や運動レベルを問わず、どのジャンルにもマッチングするメソッドです。
ぜひ一度体験してみてはいかがでしょう。
きっと楽しめます。
スポーツシーン以外でも
●オフィスで運動不足解消に
●コミュニケーションの一つに
●各種イベントに

個人的には部活動の導入なんか良いと思います。
先生方はご一考下さい。

【紹介】
そんなドラウタビリティのエキスパートとして
「反町誠」トレーナーがいらっしゃいます。
トレーナー知識や経験が豊富で、トレーナーから見ても頼りになるトレーナーです。
お酒が大好きな方でもあります。
一度彼のblogも見てみてください。
http://blog.livedoor.jp/sori0715/

熱中症で死者も出ております。
体調にはご注意下さい。