ゴールデンエイジ

この時期に大人までに必要な要素の約8割は完成します。

運動神経の発達を促すために色々なスポーツをさせた方が良い、と聞いたことはありませんか?

中にはサッカーやテニスなど親の趣味を共有する事もあるでしょう。

この時期には一つのスポーツに集中!というよりは、それこそ多様な種目を経験させる事が必要です。

では何が一番いいか

 

本人が楽しく出来ることが一番良いと思いますが、楽しいもの、それは

遊ぶこと

ではないでしょうか。

どんなスポーツもカラダを動かして行うものには変わりないので、自在にカラダを動かすことが出来る、それも高いレベルで出来るようになれる環境を整える事が大事だと思います。

少なくとも私はそのように考えますので機能的なカラダの動かし方を自然に身につけてもらおうと思い

アスレチックなどは積極的に連れて行きました。

自然を相手に遊ばせ

遊びの延長でスポーツをさせています。

体操クラブの動画
B428CCB7-C043-4457-8BE5-148C2C92B365

年齢とともにルールを複雑化した鬼ごっこなども身近で手頃な遊びでしょう。

こおり鬼とか色鬼とか遊びませんでしたか?

ちなみにゴールデンエイジ期にとてもマッチングしている指導では

ドラウタビリティ

があり、私の指導の一つでもあります。

ドラウタビリティ

次回ドラウタビリティって何?を、テーマに紹介したいと思います。



プール

本日も暑い1日でした。

そんな時は涼を求める方が多いと思います。

私は家族でプールに行きました。

休憩を挟みながらとはいえ、プールをひたすらに歩き続け、メッチャ疲れました。。

6時間は歩いたと思います。途中疲れてプール内で寝てしまい、危うく溺れるとこでした。。

 

さて、そんな楽しいプールですが実はかくれ脱水に至る可能性もあります。脱水予防には前回の記事を!

 

夏の水分補給

 

さて、プールなど楽しい水遊びにはこんな効果があります。

◼水圧

少なからず水中内にかかる圧力ですが、こちら血行促進の効果があります。つまり代謝促進!

◼浮力

重力を軽減させ身体が軽くなり関節負担が少なくなります。つまりカラダにやさしい。

◼抵抗

水には抵抗があります。こちら全ての動作に一定負荷がかかり、カラダにやさしい割に運動量は上がります。

◼水温

体温を維持するのに調整が入る事でエネルギーの消費を高めます。

 

大まかにこんな効果があります。

ちょっと話が逸れますが、プールから出た瞬間カラダが重くなります。

浮力がなくなり、重力がモロにかかるからですね。

※水着が重くなってる事もあるかと思いますが

 

楽しいプールなんですが、カラダが濡れている事で汗をかいている事が分かりづらいって事もあります。

休憩をこまめにとって、水分補給をしっかり行いましょう。

楽しいイベントはこれからです!