サプリメント③【選択】

ホエイ、カゼイン、ソイについて
前回ざっくり説明しました。

ホエイならホエイ、ソイならソイでも色んなメーカーから出ますし、コストもそれぞれ、ピンキリです。

飲みやすさを求めて色んなフレーバーも多くあります。

値段が高ければいい商品

品質的にはそうかも知れませんが、一概にはそうですね、とは言えない部分があります。

企業努力によってコストを抑えた、いい商品は沢山あります。

よって私は

先ずはどれでもいいんじゃないか

なんて思ってたりします。

パッケージで選んでもよし
内容を調べて買うもよし
試飲して飲みやすかったからでもよし
人に勧められたでもよし
近くの店にあるからでもよし

薬局にもありますし、マツキヨブランドのプロテインなんか、コスパ踏まえ中々良いものと思います。

プロテインはタンパク質の事である

とは前回言ったことです。

タンパク質は何も身体を大きくしてくれるもの

だけとは限らないんですよね。

タンパク質を更に分解すると

アミノ酸

ってのに行き着く訳ですが、これは体内で作れるものもあれば作れないものもあります。

作れないものは食事やサプリで摂取しなければいけません。

体内で作れないアミノ酸、つまり摂取しなければいけないものの効果としては

◆疲労回復
◆集中力アップ
◆肝機能向上 など

があります。

また、体内で合成できるアミノ酸でも疲労回復、美容サポート、免疫力向上、美しいプロポーション作りなど

誰もが欲しがる効果なものは少量しか合成出来ない為、やはり食事からの摂取が必要になります。

疲労回復についてのアミノ酸は多分耳にした事がありそうな

バリン、ロイシン、イソロイシン

まとめて

BCAA

と呼ばれます。

身体を大きくする、と言うよりは疲れを取る、疲れにくくする、という効能なので運動中や運動後に摂取する必要がありますし、これらは体内で合成不可なので食事をする必要がありますが、それぞれを多く含んだ食品を、そのタイミングで
身体や運動に見合った分を摂取するのはかなーーーーり大変です。

なのでサプリメントを使用するわけです。

今は親切にもパッケージに
◇疲労回復
◇リカバリー

とか

◇引き締まった身体
◇脂肪燃焼  とか

◇身体を大きくしたい

なんて用途が書いてあります。

つまり、先程明記したBCAAなどのアミノ酸などがその用途により他の製品より多く含まれてますよーって事です。

この量で比較したら、コストも踏まえて良さそうなもの探せますよね。

食事してるから問題なし!

スポーツを頑張ってる人や運動習慣を身につけてる人ほど食事だけでは栄養足りないですよ。

食事、栄養摂取もトレーニングの一つです。



サプリメント②【タイミング】

トレーニング後(運動後)30分以内が、

ゴールデンタイム

と呼ばれ、プロテインを摂取する    タイミングの一つです。

一重にプロテインとは言っても

目的別

で成分内容が変わっている為、摂取タイミングは目的とその成分によりけりです。

そもそもプロテインは「タンパク質」の事であり、広く流通しているのが

●ホエイプロテイン
※乳製品をイメージして下さい

●ソイプロテイン
※大豆をイメージして下さい

です。



乳製品イメージでは、ホエイの他にカゼインがあります。

ホエイとカゼインの違いは吸収スピードです。

◆ホエイは速い
◆カゼインは遅い(ゆっくり)

よってトレーニング後はホエイを摂取することになります。
そうする事でトレーニングによってダメージを受けた筋肉の再生(合成)に必要な栄養素を素早く補給
します。

早く身体を回復させるのに吸収は速い方がいいですよね。

余談ですがプロテインを食べ損ねたご飯代わりで摂取する方もいます。私もそうです。
しかし、吸収が速いという事はすぐエネルギーに使われますので、腹持ちは悪いです。
すぐお腹減ります。

逆にカゼインとソイは吸収がゆっくりですので、食事代わりにはもってこいですね。

また、トレーニングをしない日や、身体が作られる就寝時間を見据えた就寝前なんてのも、カゼインとソイのタイミングです。

ソイは他に美肌などの効果も見込める、、、とありますが、そもそも大豆が合う人、合わない人います
ので、美肌のために!!というのであれば、乳液や美容液の方が良いような気もします。。。

とはいえ、ソイは中性脂肪を抑える働きも期待出来るので、女性や、細身筋肉質を目指す方には丁度良いものでもあります。

ただし、個人的にはトレーニング後はホエイを摂りたいところです。

なので使い分ける事が望ましいです。

プロテインは用途様々です。
とりあえず、
ホエイ、カゼイン、ソイ
この3つで今日は終わります。