トレーニング環境






例えば読書をするとして、どこで読めば集中できるか

●電車
●スタバ
●自分の部屋
●お風呂
●図書館

その時の状況は?
●1人がいい
●テレビをつけている
●周りで話し声が聞こえる
●乗り物に揺られている
●無音がいい
●音楽を聴いている

全くの無音よりもある程度「音」があった方が
集中できるという情報もありますが、人それぞれだと思います。

私は電車で読んだ本や参考書の内容が、かなりの期間記憶に残ります。

人間には五感が備わっています。
◆視覚
◆聴覚
◆嗅覚
◆味覚
◆触覚

とある心理学テストでは、その人がどの感覚に優れているか点数化して分かる簡単なものがあります。

私も必要に応じてクライアントの方にこのテストを実施します。

主にスポーツをしている人へ多くなりますが、集中力を引き出す為のトレーニングに応用しています。

今回のテーマではこちらには触れませんが(笑

環境って大事だよ、というお話です。

さて、トレーニングですが

▶︎1人で黙々とやりたいですか?
▶︎トレーナーに見ててほしいですか?
▶︎友達同士など、トレーニング仲間と一緒に
やりたいですか?
▶︎カッコいい/カワイイ人が近くにいる状況で
トレーニングしたいですか?笑

私は1人で黙々とやりたい派です。
カワイイ人に近くにいて欲しいですが、とーってもトレーニング効率が悪くなります。笑

さっさとやってさっさと帰りたいです。

ですがトレーナーもしくは仲間の「声」というのは
苦しい時にもう一歩頑張れる後押しになりますので、
追い込みたい時なんかは誰かに見てて欲しいです。

ワガママですね。笑

更にワガママな事に、自分でキツイと思えるトレーニングで追い込まれている時、誰かの声が殺意に近いものを覚える時があります。

「他人事だと思いやがって」

性格歪んでます。笑

ただし、そう思う時と全く思わない時があります。

これは自分の中で声をかけてくれている人にリスペクトがあるかどうかです。

見た目明らかにトレーニングしているな、と思える人に追い込まれたら素直に受け入れられます。
なんせ、見た目の説得力がありますよね。

見た目に説得力がなかったとしても

自分の疑問を解決に導いてくれる知識を有している人

専門知識があるに越したことはありませんが、何気ない一声で、言葉で、スーーッとモヤモヤが、吹き飛んだら一気に見る目が変わります。

まぁ中には好みのビジュアルなら、という人もいます。

一朝一夕にはいきませんが気の合う人、つまりコミュニケーションが良く取れている人もアリな人です。

明らかに我流で、上記に挙げたものがない人に追い込まれるのは正直嫌です。
注:あくまで個人の思いです

▷どんな人とトレーニングするか
▷どんな人とコミュニケーションをとるか

▷どんな事が出来るところなのか

▷1人きりになれるところなのか
(トレーナーを除く)

トレーニングの効果を出す為には自分が集中できる
環境を選ぶのも大切な要素です。

ちょっと長くなってきたので
to be continued



One Reply to “トレーニング環境”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です