トレーニングの考え方⑧【時間】

今ならウォーターサーバープレゼント中【シンプルウォーター】



よく聞かれる質問の一つに
「どの位やれば良い?」

というのがあります。

つまりそのトレーニングの時間や量のことです。

プログラムを一通り組んでも
「どの位やれば良い?」

と聞かれます。

トレーニングを始めたのならば、まず
「継続」する事が一つの乗り越えるべきハードルになるかと思います。

トレーニングの考え方③【継続】

毎日やりましょう

と言うわけではないのですが、中にはトレーニングは毎日やらなければいけない、と思われる人がいるのも事実です。

トレーニングを継続した結果、毎日やる事が習慣化されたのであれば、構わないと思いますが、トレーニングを毎日やるのってかなり大変です。

トレーニングに限った話ではありませんが、新しく始めたことを毎日行うってどうでしょう?

かなり力使いませんか?

あっ、忘れてた!

忙しくて、、、

なんて日も、今日はしょうがない、明日頑張ろう!
なんて誘惑に襲われませんか?

どの位やれば良い?

これは

●1日の時間

●1週間のスケジュール

この2つの時間を聞かれるわけですが、私は大抵
自分で続けられる範囲の時間、日数でやれば良い

なんて思ってます。

週1回よりは週2回
週2回よりは週3回
トレーニング出来た方が効果は表れやすいです。

じゃあ毎日やれば、すぐ効果表れるでしょう?

とは言えず、トレーニングをしたら身体を休める時間が必要ですので、毎日「しっかり」やる必要はありません。

毎日トレーニングする人は毎日続けられるだけのボリュームにプログラムを調整しています。
そして習慣化されています。

考え方としては徐々に負荷を上げる
【漸進性】と同じようなものです。

トレーニングの効果の出し方⑤【重り】

まずどんな方法でも構わないので、自分が続けられるだけの1日のトレーニング量と1週間のスケジュールを守ります。

例えば毎週水曜日はトレーニングデイ

として週1回頑張る!
で良いと思います。

そしたらその水曜日は必ずトレーニングをする事を約束として、1日10分でも2時間でもいいと思います。

スケジュールにストレスを感じなくなるまで、
トレーニングが生活のリズムの一つに入るまで継続させます。

曜日を決めずとも、週2回はトレーニングを行うことを約束したならば、1週間スケジューリングして、
今週は月曜と木曜
今週は忙しいから土曜と日曜

と言う具合に行います。

この場合1日の時間はさして問題ではなく、決めたことを継続できるかが問題になります。

いきなりガッツリとしたスケジュールで取り組んでも、トレーニングは1日2日で結果が出るものではありませんし、最低でも2ヶ月3ヶ月とかかります。

そこまで続けられるか、

気が向いたらトレーニングをする、など気まぐれにならないか

1日10分でも良いのです。

10分間で出来るプログラムにすれば良いのです。

トレーニングは自分への投資の時間です。

有効に使いましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です