糖質悪?②【経験】



主食は納豆、野菜
根菜食べず、葉物は選び、餃子、シュウマイは皮を剥ぐ
ドリンクは水かお茶

かろうじて摂取していた分は、トレーニング後と寝る前のプロテイン

この生活を6ヶ月

当時の体脂肪率は高くても8%

ただし、トレーニングパフォーマンスは低下していたと思います。
扱える重量が低下していた時期です

疲れやすい

集中力がない

体臭くさい

目が黄色

たしかに身体は引き締まっていましたが、
カッコいい身体かと言われれば、そうではなかったと思います。
身体に張りはなかったかなと。

もっとやりようはあった

今でこそ思えば、ではあります。

五感は研ぎ澄まされていました。
特に匂いに敏感。

ファミレスの前を歩くと匂いを感じました。
ハンバーグやチキンの匂いを感じますか?

飢えると感じるんです。

それなりに食べていましたが、とことん糖質をカットすれば飢えのような状況になるのでしょう。



いきなり糖質をガッツリ食べると血糖値の上昇
結果脂肪に転換しやすい

準備として、お水をコップ1杯飲むとか、食物繊維質を摂取するとか栄養補給の順番とか、食べ合わせとか工夫で「ストレスがない」ダイエットの為の栄養補給が出来ると思います。

最近は遺伝子検査キットが簡易的に行えますので、
自分に合う、合わない食材が分かるようになっています。

こういったものを利用する事で食べ物のストレスを極力抑えることは出来ると思います。

何でも食べ過ぎはいけません。

スポーツドリンク含めて糖質が〜と言う前に
食卓に糖質ばっかり並んでないか見直す事が必要だと思います。

月並みですが、栄養はバランス良く、はやっぱり基本です。

タンパク質
炭水化物(糖質)
脂質

これらをバランスよく摂取する事が大事です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です