番外〜熱中症〜

以前熱中症に触れた記事を書きましたが

夏の水分補給

今日まさかの熱中症に軽くなりました。。。
このブログを書いている現在は割と回復していますが、
会議、電車移動で頭痛、吐き気、軽いめまい、冷や汗を起こしました。



私はバッグに2lの水を持ち歩き水分補給をしています。
しかし汗をかくことによって失われた身体の水分は水では補ません。

水分は「お水」だけでなく、「食事」からも摂取されます。

今日私は食事のタイミングを逃してしまい、

AM6:00
食べ損ねたのでプロテインで補給

PM14:00
おにぎり2個(コンビニ)
卵焼き(コンビニ)

この間室内でトレーニング指導及びトレーニングをしています。

PM18:00
体調異変

PM19:00
頭痛吐き気を抱え電車移動
ジムへ戻る

ここまでで分かることは、暑い日差しを浴びてはいないにもかかわらず、熱中症状がでました。

室内でも熱中症になる典型的な例です。

私の場合は動くために、大きく言えば生きるために必要なエネルギー(カロリー)が不足していた。
つまり空腹。

お水は飲んでいたが、発汗により失われた汗の成分は補給されなかった。
もしくは補給しきれていなかった。

室内ではあるが、突如暑さを感じ出した。

とりあえず空腹を補おうと何かを食べようとしました

ところが、食べたら吐く!
と直感し、結果食べれない。

そこで摂取したものは


という市販品でお気に入りのリカバリー達。
危機に瀕した時に買ってます。

で、回復しトレーニング指導に行きました。

もちろん涼しい部屋で。

危なかった。。

と、言うわけで日差しを避けていても熱中症は起こります。
身体の水分が不足する事が原因です。
身体の水分は、ただの水ではなく、またただの水では補えません。

かるーく触れておきますが、糖質悪ではありませんからね。
摂取の仕方やタイミングが大事です。

暑い夏、水分補給、栄養補給に気をつけていきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です