トレーニングの効果の出し方④【筋肉をつける】



運動不足を解消して日々の健康のために!
余計な脂肪を落として身体を引き締める!

という方は負荷のかけ方は違えど、
回数やセット数に特別差はありません。

この段階では皮下脂肪が落とされ筋肉の形が多少浮き出る方もいるかもしれませんが、決してムキムキになるわけではありません。

ムキムキになるという事は、それだけ筋肉が大きく成長するという事です。

それだけ大きな筋肉にするには本当に重い負荷を扱う必要があります。
反比例して回数はまず出来ません。

およそ
8〜12回を1セットとして行います。
それを2〜6セット行います。

が、数多くセットをこなせばいいというものでもありません。
セットを追うごとに出来る回数は減っていきます。

もし、同一回数出来るならそれは負荷の設定が軽いか、インターバルが長いのでしょう。

インターバルは60〜90秒ってところです。



単純に負荷設定のみを書きましたが、
身体を大きくする

という目的に対しては、
栄養をとる!
休息を入れる!
有酸素運動控えめに!

なんて補足が入ってきます。

単純に身体が大きくなるってことは体重も増えますからね。
プロテインを摂取することも考えます。

この辺りからは、単純に負荷を上げれば効果がある!ということから、プラスαが出てきます。

この辺りはまた改めます!

15〜20回をやってるうちは筋肉が大きくはならないのでご安心を。

ただし、慣れは大敵ですので、キレイなボディラインのためには少しづつ重りを増やしていきましょう!



One Reply to “トレーニングの効果の出し方④【筋肉をつける】”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です