トレーニングの考え方②【負荷】



シェイプアップするにしても、スポーツパフォーマンスをアップさせるにしても「ある程度の」筋肉は必要です。
筋肉をつけるには

◼日常生活では扱わないような重りを持つ
◼日常生活下では出さないような力を発揮する
(全力で動いたり、物を押したりする)

と、言うようにカラダに負荷をかける必要があります。
カラダに負荷がかかると、筋肉の繊維が痛み、組織が壊れます。
壊れた組織は程度によりますが24〜48時間かけて修復されます。
この間に起こる身体の痛みが筋肉痛です。

.

回復された筋肉の組織は回復前よりも強化された状態まで回復します。
これを超回復と呼びます。

超回復によって筋肉は以前より強い状態になりますので、以前より重い負荷を扱えたり、瞬間的に強い力を発揮できたり、以前より長い時間動けたり、など成長を遂げます。

回復を挟みながらこの一連の流れを繰り返していく訳ですが、中には

それだとゴリゴリの筋肉質になっちゃう!

なんて心配して、負荷をかけたトレーニングを敬遠する方もいるかもしれません。

ですが、そのようにゴリゴリの筋肉をつけるには、そうなるだけのトレーニングの仕方があります。
この辺りは前回の【目的】の記事を参照にしてください

トレーニングの考え方①【目的】



筋肉を付けると以前よりも身体を動かすのに、よりたくさんのエネルギーを必要とします。
つまり代謝を上げることになりますので、太りにくい身体を作ることが出来ます。
また、姿勢が良くなり見栄えも良くなります。
ゴリゴリにならず、むしろ引き締まったメリハリボディが手に入れることになります。

筋肉と脂肪は同じ重さでも筋肉の繊維は脂肪に比べて凝縮されているので筋肉がついたことによって体重が変わらない、むしろ増えた、としても見た目はかなりスッキリ引き締まってる訳です。

と、言うわけでどのような目的の方にも、ある程度筋肉をつけるという事は必要なわけで、その為には日常生活では扱わないような負荷をかける事が必要になります。

以上のことをトレーニングの原則で過負荷の原則、と言います。

負荷をかけてトレーニングしましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です