トレーニングの考え方①【目的】






 

トレーニングを始めるきっかけは何でしょう?
◼「あの」洋服に合う体型にしたい
◼肌の露出をするのにカッコいいカラダにしたい
◼子供の運動会でカッコいい姿を見せたい
◼友達が痩せた!なら私も!
◼あの人に褒められたい、
◼ゴルフの飛距離を伸ばしたい
◼アイツに勝ちたい
などなど

トレーニング目的はそれぞれです。
目的は漠然としたものより、より明確になった方が良いです。

◆いつまでに
◆どんな服を着てどこを見せたいのか
◆カッコいいカラダとはどのようなカラダを指すのか
◆誰に、何で褒められたいのか、その先にある展望
◆飛距離を伸ばした、その先は?
◆アイツの何に勝ちたいのか
◆運動会の競技は?
などなど

トレーニングは種類も多く、目的に沿ったものを選択することが必要です。

例えば「走る」ことを速くしたい目的があったとして、長距離走と短距離走では、メニューが異なります。

短距離走を速くするのに10km走るようにしてる、では
全くの無意味とは言えませんが、目的に対しゴール(達成期間)まで遠回りになります。

長距離でメインとなる筋力と短距離でメインとなる筋力は違うのです。

このように目的によって、またはスポーツによってメインになる筋力や動きが違うことから、同じ腕立て伏せでも速くやる、ゆっくりやるなどやり方も様々になります。

どうせやるなら、がむしゃらにメニューをこなすよりも、目的に沿ったプログラムの方がいいですよね?
その為には漠然とした目的よりも、すこーしだけ目的を掘り下げて考えられた方が、より満足のいくゴールになります。


その先は
自分で調べて試行錯誤する

プロに依頼する
メニューを組んでもらう
パーソナルトレーニングを受けて見る

という選択肢になります。

先ずは目的をしっかり据えましょう。
メニューのご相談お待ちしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です