ゴールデンエイジ

この時期に大人までに必要な要素の約8割は完成します。

運動神経の発達を促すために色々なスポーツをさせた方が良い、と聞いたことはありませんか?

中にはサッカーやテニスなど親の趣味を共有する事もあるでしょう。

この時期には一つのスポーツに集中!というよりは、それこそ多様な種目を経験させる事が必要です。

では何が一番いいか

 

本人が楽しく出来ることが一番良いと思いますが、楽しいもの、それは

遊ぶこと

ではないでしょうか。

どんなスポーツもカラダを動かして行うものには変わりないので、自在にカラダを動かすことが出来る、それも高いレベルで出来るようになれる環境を整える事が大事だと思います。

少なくとも私はそのように考えますので機能的なカラダの動かし方を自然に身につけてもらおうと思い

アスレチックなどは積極的に連れて行きました。

自然を相手に遊ばせ

遊びの延長でスポーツをさせています。

体操クラブの動画
B428CCB7-C043-4457-8BE5-148C2C92B365

年齢とともにルールを複雑化した鬼ごっこなども身近で手頃な遊びでしょう。

こおり鬼とか色鬼とか遊びませんでしたか?

ちなみにゴールデンエイジ期にとてもマッチングしている指導では

ドラウタビリティ

があり、私の指導の一つでもあります。

ドラウタビリティ

次回ドラウタビリティって何?を、テーマに紹介したいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です